PAGE
TOP

お知らせ News

童謡をすいすい弾いてみる その2(はじめてのピアチャレ後編)

こんにちは。相模原市南区の南台ピアノ教室、講師の長谷川香織です。

体験レッスンの詳細はこちら→体験レッスンを受けてみよう♪(申込から当日まで)

⭐︎空き時間枠

火曜 16:00〜 水曜 16:00〜  16:30〜

金曜 17:00〜 土曜 11:30〜

新開講のため、人気の土曜もご案内できます。その他の時間もお問い合わせください。

教室の取り組み↓

童謡をすいすい弾いてみる

自分で合格を決めてみる

 

童謡をすいすい弾いてみる、その後

前編はこちらから→童謡をすいすい弾いてみる その2(はじめてのピアチャレ)

ドレミで歌うことが簡単!

レッスン、練習では音感を鍛えるために歌いながら練習することを大切にしているのですが、

この教本は音符の中にドレミが書いてあるので、簡単に歌うことができます。

当たり前のようにも思えますが、これが音符の上や下にドレミが書いてあると、生徒さんは音符を目で追うことをしません。

横にカタカナを読んでいくだけなので、歌えないんです。

ちょっとした違いなのですが、レッスン、練習へすごく大きく影響します。

歌いながら練習する第一歩にしていきましょう。

 

自分で自分の課題に気づける

弾く曲は童謡なので、知ってる曲が沢山あります。

難しい曲ではないので、高学年の生徒さんはスラスラ弾けることも多かったです。

でも、

・右より左の方が弾きにくい

・4の指(薬指)が動かしにくい

・慌てないで弾くようにする

など、皆それぞれに自分の課題が見つけられました。

同じ曲が何回か出てくるので、

「これ、この前弾いた!」

と気づいてくれる生徒さんも。

曲を覚えてられてたこと、メロディーを聞いて同じ曲だと気づけたこと、

音感の成長や、生徒さん自身の気づきの大切さも実感できています。

 

的を絞って練習する大切さ

この本では、「指の動き」「歌うことでの音感の成長」を大きな目的に練習してもらっています。

小さな「できた」の積み重ねで、ピアノへの自信も育てていきましょう!

 

⭐︎Instagram始めました⭐︎

https://www.instagram.com/minamidai.piano?igsh=MTBlN3Q5dTg2NXF2bw%3D%3D&utm_source=qr

南台ピアノ教室では無料体験レッスン受付中です。

お問い合わせ

上記お問い合わせか、レッスン案内ページの下部、体験レッスンのお申し込みよりお申し込みください♪

お電話でも受け付けております。(レッスン中の場合はメッセージいただければ、後ほど、お電話差し上げます)

※お問い合わせには2日以内にお返事差し上げています。万が一、連絡がない場合は、恐れ入りますが、お電話か、公式LINEにてお問い合わせください。

公式LINE

https://lin.ee/qzYIetZ

 

追記【お知らせとお詫び】
トップへ戻る