PAGE
TOP

ブログ

童謡を左手でも弾いてみる

こんにちは。相模原市南区の南台ピアノ教室、講師の長谷川香織です。

体験レッスンの詳細はこちら→体験レッスンを受けてみよう♪(申込から当日まで)

⭐︎空き時間枠

火曜 16:00〜 水曜 16:00〜  16:30〜

金曜 17:00〜 土曜 11:30〜

新開講のため、人気の土曜もご案内できます。その他の時間もお問い合わせください。

教室の取り組み↓

童謡をすいすい弾いてみる

自分で合格を決めてみる

 

童謡をすいすい弾いてみる、のその後

4月から「童謡を沢山弾いてみよう」ということに取り組んでいます。

(使用教材は「はじめてのピアチャレ」、対象は小学生以下の生徒さん)

少しずつ取り組みの成果が見えてきたので、シェアしたいと思います。

お家での練習でも参考になさってみてください。

 

左手も右手と同じように練習することが大切

教本だと、右手の方が弾く量が沢山あります。

ただ、それだといつまでも左手が動かない。

この、指が自分の思う通りにコントロールできないというのも、練習のモチベーションに影響します。

詳しくはこちら→ピアノを練習しない理由を深掘り

少しでも早い時期から、左手を動かす練習として、

右手と同じメロディーを左手でも弾くことは効果的です。

右手と同じように左手も動かす。

簡単なようですが、左手の練習にはすごく良かったです。

 

左右別々の動きと脳の発達

同じメロディーなら動かすのは楽なのでは? と思う方もいるのでは。

ここで大切なのが「指番号」

ドレミファソを弾く時、

右手は1.2.3.4.5

左手は5.4.3.2.1

となります。

「同じ音」を「違う指」で弾く。

大変です。思っている以上に大変なはずです。

専門的には脳の中の「脳梁」というところの発達に大きく関係しています。

実は脳の発達にも大きく働きかける動きなんですね。

 

動かしてみよう!

まずは、間違えは気にせずに、何回も弾いてみてください。

レッスンでも、前より左手の動きが滑らかになってきた生徒さんが多くなってきました!

コツコツと一緒に積み重ねていきましょう!

 

⭐︎Instagram始めました⭐︎

https://www.instagram.com/minamidai.piano?igsh=MTBlN3Q5dTg2NXF2bw%3D%3D&utm_source=qr

南台ピアノ教室では無料体験レッスン受付中です。

お問い合わせ

上記お問い合わせか、レッスン案内ページの下部、体験レッスンのお申し込みよりお申し込みください♪

お電話でも受け付けております。(レッスン中の場合はメッセージいただければ、後ほど、お電話差し上げます)

※お問い合わせには2日以内にお返事差し上げています。万が一、連絡がない場合は、恐れ入りますが、お電話か、公式LINEにてお問い合わせください。

公式LINE

https://lin.ee/qzYIetZ

 

テストの対策も一緒にしてます
ドレミを歌いながら練習してみましょう!